楽天証券ホールディングス株式会社からの出資について

 なかのアセットマネジメント株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中野 晴啓、以下「当社」)は、楽天証券ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠 雄治)より出資を受けることをお知らせします。これまでに当社が調達した累計資本額は約12億円となります。

楽天証券HD楠雄二代表取締役社長となかのアセットマネジメント代表取締役社長中野晴啓が握手を交わす様子
楽天証券ホールディングス楠社長(写真左)となかのアセットマネジメント中野(写真右)

 
 当社は、2006年にセゾン投信を創業し16年間経営トップを務めてきた代表中野が2023年6月に前職を退任し、今般あらたに設立した資産運用会社です。
 代表中野が創業した17年前において、「直販」は、最大限の顧客本位を実現するにふさわしい事業モデルでしたが、新NISA制度の「一人1口座」という制約下において、お客様にとっては非常に使い勝手が悪く、事業モデルとして「直販」を選択する理由は見当たりませんでした。

 運用会社は一般的にできるだけ多くの販売会社に販売してもらうことで、規模の拡大に最大限注力しますが、当社はむしろその逆で徹底して販売会社を絞り込んでいます。その条件は投資家と直接対話をし、共感を得て信頼関係を築く直販的価値や、世の中への使命、社会的意義など代表中野とその中野が創り上げた当社固有の理想を共通価値に据えていただくことです。

 このたび従前からその価値観を共有いただく、楽天証券株式会社を販売パートナーとして事業をスタートし、また応援パートナーとして楽天証券ホールディングスより資本を通じた支援をいただくことで、長期、積立による生活者の資産形成と、日本社会の金融立国化に貢献して参ります。
 

なかのアセットマネジメント代表中野晴啓の顔写真

【代表中野コメント】

 今後、個人投資家への投信販売という面では、ネット証券がますます主流になると考えており、共感軸で協業できることが大切です。ネット証券の中でも、共感を育てられるかどうかには大きな違いがあると思います。金融の社会インフラとしてすでにネット証券は定着していますが、インフラとしてはほぼ互角で、どこで付加価値をつけていくかを常に模索しています。なかのアセットという会社がそうしたネット証券の新しい付加価値の一翼を担う存在になり得ると考えており、徹底して対話を深めていきたいと思っています。

 
【会社概要】
(1) 名称   なかのアセットマネジメント株式会社
(2) 所在地  東京都中央区日本橋兜町5-1 兜町第1平和ビル
(3) 代表   代表取締役社長 中野 晴啓(なかの はるひろ)
(4) 事業内容 投資運用業
(5) 資本   11億8,250万円(2024/5/24現在)※資本金及び資本準備金の合計額
 
【お問合せ】なかのアセットマネジメント株式会社 広報企画室 津田、加藤
      電話:03-3662-1401 9:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)
 
 
この資料は、勧誘を目的とした、「販売用資料」ではありません。また、金融商品取引法に基づく、開示書類でもありません。したがって投資信託の購入、売却、あるいは保有を推奨するものではありません。
商号:なかのアセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局(金商)第3406号
加入協会:一般社団法人投資信託協会
 
【ご留意事項】
投資信託に関するリスクについて
投資信託に関する費用について
 
 
PDFはこちらからご覧いただけます

SNS各公式SNSでも情報を発信しています

line LINEでは、各種情報の配信、セミナーの案内も行っています。
ぜひ、「友だち追加」の上、セミナーなどにもお越しください。

followme
Page Top