なかのアセットマネジメント、6億円の資本調達実施について

なかのアセットマネジメント、6億円の資本調達実施について

なかのアセットマネジメント株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中野晴啓 以下、当社と表記)は、スパークス・グループ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:阿部修平氏。以下、スパークス・グループと表記)及び第一生命ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:菊田徹也氏。以下、第一生命と表記)をそれぞれ引受先とした第三者割当増資により6億円の資本調達を実施いたしますのでお知らせいたします。これまでに個人投資家等から約1.2億円の出資を受けており、累計資本額は7億7千250万円となります。

また、今後も複数金融機関等からの追加出資を予定しており、当社は特定の株主に支配されない真に独立した経営ガバナンスの資産運用会社を目指します。

※両社への第三者割当増資は、各社それぞれとの契約締結を経て実施予定です。

当社は、2006年にセゾン投信を創業し16年間経営トップを務めてきた代表中野が2023年6月に前職を退任し、同年9月に設立した資産運用業の準備会社です。具体的には、日本株式とグローバル株式による2本のアクティブ型公募投資信託を設定して2023年度内にも事業をスタートする予定です。

代表中野が、17年前にセゾン投信を創業した頃はノーロード(販売手数料ゼロ)の商品自体が販売会社に受け入れられず、地道に積み立て投資家を開拓していくビジネスモデルは、非合理的だというのが業界の共通認識でした。しかし、金融庁が顧客本位の業務運営を行政方針に掲げて以来、徐々に販売側の意識も変化し、長期投資こそが資産形成の本質だという認識が広がりつつあります。そうした価値観を共有できる金融機関と手を携え、当社固有の「直販的価値」を継続して提供することを新会社のミッションに据えております。

第三者割当増資後の保有比率

※株式1株につき25個の議決権を有する。

代表中野コメント

「今般、出資を仰ぐ2社は、いずれも当社の事業理念に深く共感をいただき、またファーストペンギンとして応援の意向を示して下さり、感謝の念に堪えません。加えて前職退任時に、いち早く新会社による再起を促してくださったのがスパークス・グループの阿部社長であり、この先も独立資産運用会社の社会的存在意義を一緒に示していきたいと思っております。第一生命とは長期資産形成の国民的普及に二人三脚で協働を重ねていく所存です。

新会社は、生活者の経済的自立を実現するための本格的な長期投資の提供により、生活者主導の長期投資マネーが自発的に国内経済を循環するインベストメントチェーンの担い手として、日本社会の高度に成熟した金融立国化へ貢献してまいります。」

会社概要
名称  なかのアセットマネジメント株式会社
所在地 東京都中央区日本橋兜町5-1 兜町第1平和ビル
代表  代表取締役社長 中野 晴啓(なかの はるひろ)
事業内容 投資運用業(申請中)
資本金 172.5百万円(2023年9月末現在)
本件についてのお問い合わせ、取材のお申し込み

なかのアセットマネジメント株式会社 広報企画室

TEL 03-6661-0508

SNS各公式SNSでも情報を発信しています

line LINEでは、速報や限定情報の配信、セミナーの案内も行っています。
ぜひ、「友だち追加」の上、セミナーなどにもお越しください。

followme
Page Top